用語集

道具関係

用語名説明
アイアンヘッドが金属でできている中距離用のクラブ。ロングアイアン、ミドルアイアン、ショートアイアンがあり、一般的なアイアンセットでは3番〜9番がある。数字が大きくなるほどシャフトは短く、ロフト角度は大きくなる。
アップライトクラブヘッドの軌道を描く円(スイングプレーン)が地面に対して垂直近くなるスイング。タテ振り。
インパクトロフト打った時のクラブのロフト角。
ウェッジクラブのロフト角が最も大きいアイアン。ピッチングウェッジ、サンドウェッジ、アプローチウェッジなど。
ウッド昔、クラブヘッドはパーシモン(柿の木)が主流だったが時代が変わりステンレス、チタン、カーボンファイバーなど金属類に変わったが、呼び方は変わらずウッドと呼ばれている。
カートクラブを運ぶための手押し車。またプレーヤーを乗せてラウンドするための車をカートともいう。
カーボンシャフトスチールシャフトに比べて軽く、振動を吸収する性質があるシャフト。
ギャッピングプレイヤーの各クラブの飛距離をあらわした表のこと。
キャディバッグクラブやボールを入れるためのバッグ。
キャビティアイアンフェースの反対側が虫歯のようにくぼんでいる形状のアイアン。重心位置が低く、スイートスポットが大きい。
クリーク5番ウッドのこと。
グリーンフォークボールが落下してできたグリーン上の損傷を修理する道具のこと。
グリップクラブの握る部分。又は握り方。
グローブショットを打つ際に着用する手袋。右利きの場合左手につけるのが一般的。
最大飛距離効率チャートヘッドスピードや回転数などによって飛距離を確認できる指標のこと。
サンドウェッジゴルフで使用するクラブの種類の1つで、主にバンカーからショットするためのクラブ。
シャフトクラブの柄のこと。カーボンやスチールなどの素材で作られている。
ショートアイアン9番アイアン、AW、PW、SWのこと。
クラブヘッドのスウィートスポットのこと。ここに当たると打感もよく飛距離も出る。
スコアラインフェースに刻まれている溝のこと。
スチールシャフト鋼製のシャフト。主にアイアンのシャフトとして使われている。カーボンシャフトと比べると重い。
スプーン3番ウッドのこと。
セルフバッグ自立式のスタンドが付いている小さいキャディバッグのようなもの。
ソールクラブヘッドの底の部分。プレー時にこの底面部分を地面につけることを「ソールする」と言う。
ソケットネック上部のシャフトに被せるキャップのこと。
ソフトスパイクシューズの底にプラスチック製の滑り止めを付けたスパイク。
ツーピースボール2種類の材料(ゴムを固めたコアと合成樹脂のカバー)で作られたボール。
ティー(ティペック)ボールを地面から高く置くために使うもの。
ディンプルゴルフボールの表面の小さな丸いくぼみのこと。
トゥクラブヘッドの先端部分のこと。つま先という意味。
ドライバーゴルフクラブにおけるウッドの中の一つ。1番ウッド(通称:ドライバー)のこと。
トルクシャフトのねじれ具合を示す値のこと。数値が小さければ、硬くてねじれにくい。
トレーリングエッジソールの出っ張り部分の角のこと。
ネオマレットタイプパターの形状の一つで、現在は大型パターの総称として用いられている。
ネックシャフトとクラブが接合している部分。
バウンスサンドウェッジのソールの膨らみ。
パターグリーンなどでボールを転がすためのクラブ。
バフィー4番ウッドのこと。
ヒールクラブヘッドの根元側の部分。
ピッチングウェッジゴルフで使用するクラブの種類の1つ。PまたはPWと表記される。
ピンタイプパターの形状の一つで、ブレード型と呼ばれる場合もある。
フェースクラブヘッドのボールを打つ面。
フェース角クラブを地面に置いた時にフェース面が向く角度のこと。右利き用のクラブの場合、ターゲットより左側に向いていればフックフェース(クローズ)、右側に向いていればスライスフェース(オープン)となる。
フラットクラブヘッドの軌道が地面に対して平行になるスイング。
フレックスシャフトの硬さの基準。L
ヘッドカバー傷を防ぐためにクラブヘッドにかぶせるもの。
ボールマーカーグリーンでボールを拾い上げる際に、ボールの代わりの目印として置くもの。
マッスルバックフェースの反対側に厚みがあり、小ぶりサイズのもの。重心位置が高く、スイートスポットが小さいが、操作性が高い。
マレットタイプパターの形状の一つで、かまぼこ型とも呼ばれる。後ろが丸くなっており、膨らんだ形状となっている。
ミドルアイアン6~8番アイアンのこと。
メタルスパイクシューズの底にメタル製の滑り止めを付けたもの。
ユーティリティフェアウェイウッドとロングアイアンの中間に位置するクラブ。シャフトはロングアイアンより短いことが多い。
ライ角クラブヘッドのソールを地上に置いた場合、クラブシャフトと水平面との間にできる角度のこと。
リーディングエッジフェースの下端とソール前方の境界線のこと。
レーキバンカーをならす道具。熊手。
ロフトクラブフェースの傾きのこと。角度が大きいほど球が上がりやすい。
ロングアイアン1~5番アイアンのこと。
フィッタークラブメーカーが公認した、お客様の悩みを聞いて、適したクラブを選んで提供する人。
振動数ゴルフクラブのシャフトの硬さを示す数値で1分間にクラブが何回振動するかを測定したもの。
バランスゴルフクラブのヘッドの利き具合を示す数値。バランスが重いゴルフクラブほどヘッドの重量感を感じやすく、バランスが軽いゴルフクラブほどヘッドの重量感を感じにくい。
ロブウェッジロフト角が60度以上あるウェッジのこと。
弾道測定器アタックアングル、キャリー、ダイナミックロフト、打ち出し角、ヘッドスピードなどが測れる機械のこと。
クラブバランスクラブの重さに対してのヘッドの重さの比率のこと。
クラブレングスクラブの長さのこと。コースでの救済の際に使うクラブはパターを除く最も長いクラブで計測する。
スパインカーボンシャフトでの巻き始めと巻き終わりが重なる部分のこと。
バックライングリップの裏側を少し盛り上げて、フェースの向きを確認できるもの。
フィッティング各プレイヤーに合ったクラブを選ぶサービスのこと。
ラウンドグリップ球を打ち分けたい方に向いているグリップの事。
ロフトフェースの傾きのこと。
ロフトライマシーンロフト・ライ角を調整できる機械のこと。

スイング関係

用語名説明
アウトサイドインクラブが、ボールと目標を結ぶ直線に対して外から下りてきて、ボールに当たった後内側に振られるスイング軌道のこと。
アッパーブローボールにクラブが当たる時に上向きに動く打ち方。
アドレスゴルフでの構えのこと。
アプローチグリーンの周辺から、カップに近づけるために打つ短いショット。
アライメントアドレスでの身体(両足つま先を結ぶライン、腰、肩)の向きのこと。
アンカリングクラブ又はクラブを握る手を身体に付けてストロークの基点を作ってパットをすること。
インサイドアウト飛球方向に対しダウンスイングでクラブが内側から入り、インパクトを過ぎて外側に抜けること。
インサイドインダウンスイングでクラブが内側から入り、インパクトを過ぎても内側に抜けること。
インターロッキンググリップグリップの種類の一つで、左手の人差し指と右手の小指を絡ませてゴルフクラブを握る握り方。
インテンショナル意図的にスライスやフックなどの球を打つこと。
インパクトクラブのヘッドがボールに当たる瞬間。
ウィークグリップ左手の甲が目標方向を向くように握ったグリップのこと。スライス系の球が出やすい。
ウェイトシフト体重移動のこと。
エクスプロージョンショットバンカーに於いて、クラブフェースで直接ボールを打たずに、クラブソールのバウンス部分を利用してボール下部の砂を弾き、その砂の勢いでバンカーからボールを出す打ち方のこと。
オーバーラッピンググリップグリップの種類のひとつで、右手の小指を左手の人差し指に乗せる握り方。
オープンスタンススタンスを取ったときに、左足のかかとを引いた構えのこと。目標に対して平行に構えるのではなく、開いた構えになる。
オープンフェースクラブフェイスが目標より右側を向くこと(右打の場合)。
噛むダフリの軽いもの。ダフリのように極端にボールの手前にヘッドが刺さり、ヘッドとボールの間に芝や土が入って直接ボールを打てないのとは異なり、ボールの直前の芝土にヘッドが刺さるが、クラブヘッドは直接ボールで打てたような状態のこと。
キャリー打ったボールが地面に着地するまでの距離。
グリップクラブの握り方。インターロッキング・オーバーラッピング・テンフィンガーと種類がある。
グリッププレッシャーグリップを握る強さのこと。
クロウグリップ利き手でグリップを挟むように握るパターの握り方のこと。
クローズスタンススタンスを取ったときに、右足のかかとを引いた構えのこと。目標に対して平行に構えるのではなく、閉じた構えになる。
高弾道高く打ち出されたボールのこと。
コック(コッキング)バックスイング時、手首を親指側に曲げる動きのこと。 ⇔ヒンジ
最下点スイングのヘッド軌道で、一番下にくるヘッドの位置のこと。
サイドスピンボールの横回転のこと。フックやスライスの原因。
ざっくりアプローチでダフってしまい、ヘッドが振り抜けずに、ボールがほとんど飛ばないこと
地面反力地面から跳ね返ってくる力のこと。
シャフトクロストップオブスイング時に、シャフトが飛球線をクロスする(飛球線よりも右を向く)こと。
シャンクアイアンのフェースにボールが当たらず、クラブの軸の部分に当たって起きるミスショット。
ショットルーティーンストローク前に行う一連の動作のこと。
スイングゴルフクラブを振る動作。アドレスからフィニッシュまでの流れ。
スイングアークスイングでクラブヘッドが描く円弧のこと。
スイングスピード(ヘッドスピード)インパクト時にクラブのフェース面にボールが当たる瞬間のスピードのこと。
スイングプレーンスイングしたときにクラブヘッドによって描かれる面のこと
スウェースイング中に身体が左右に動いてしまうこと。
スクエアフェースの向きが飛球線に対して直角になること
スクエアグリップ基本的なグリップで、左手甲が地面と直角になり、目標に向かって真っ直ぐ垂直になる握り方。
スタンスボールにアドレスするときの足の位置のこと。
ストロンググリップ右手の親指の付け根が右肩を指すような握り方。ドローやフックが出やすいのが特徴。
スピンアクシスボールが回転しているときの中心軸のこと。
スピン量ボールの回転量のこと。
スライス利き手の方向にボールが大きく弧を描いて飛んでいく弾道のこと ⇔フック
スリークォーターショット直訳すると「4分の3」、ゴルフで使うときにはフルスイングを「1」としたときの4分の3という意味。
体幹背骨周りの腹筋や背筋など体の軸となる部分のこと。
ダウンスイングトップからクラブを振り下ろしてくること。
ダウンブロークラブヘッドが上から下に下降するときにボールを打つこと。
ダフリショット時、クラブヘッドがボール手前を打つことによるミスで、芝や土を掘るようなショットのこと。 ⇔トップ
タメダウンスイングで手首のコックが適度に保たれている状態のこと。
チップショットランでカップに寄せるアプローチのこと。
チョロティーショットなどでボールにクラブがかすってちょろっとしか転がらないショット。
低弾道低く打ち出されたボールのこと。
手打ち身体の回転や体重移動などよりも手の力を頼りにクラブを振って打つこと。
テークバッククラブを後方へ振り上げる動作のこと。
テンフィンガーグリップグリップの種類の一つで、オーバーラッピンググリップやインターロッキンググリップのように右手の小指を左手にからめないで、10本の指で握る握り方。
テンプラクラブヘッドの上部やその付近に球が当たり、意図に反して高く球を打ちあげてしまうこと。
トゥダウンインパクトでクラブヘッドのトゥー側が下に垂れる形になること。
閉じる(クローズ、シャット)(右利きの場合)フェースなら左に向けることを、スタンスなら右に向くことを指す。
トップボール上部にクラブヘッドが当たるようなショット。 ⇔ダフリ 
トップオブスイングバックスイングの頂点。略してトップということが多い。
ドローターゲットラインに対して真っすぐ、或いはターゲットラインに対して右側に打ち出されたボールが、空中で左にカーブし、およそターゲットライン付近に戻ってくるような弾道のこと。
ナックルこぶし部分に突き出る指の関節のこと。
ハードヒッターボールを強く打つ人のこと。
ハーフショットフルスイングせず、手を肩の高さより上げないスイングのこと。ハーフスイング。
ハーフトップアイアンのリーディングエッジでボールを打ってしまうこと。
バックスイングアドレスした状態からクラブを後方へ引き、そこからトップまで振り上げる動作のこと。
払い打ちクラブを掃くようにして水平に振ること。
パワーフェードボールコントロールをしやすく、力強い飛距離が出せる球筋のこと。
パンチショット球を右足寄りに置き、ロフトが立った状態でうつショットのこと。
ハンドアップ手元が浮きあがった状態で、構えた時の腕とクラブの角度が少ない状態のこと。
ハンドダウン手元が下にある状態で、構えた時の腕とクラブの角度が大きい状態のこと。
ハンドファーストアドレス時、グリップの位置がボールより前に出した状態のこと。
ハンドレイトアドレス時、グリップの位置がボールより後ろにある状態のこと。
バンプアップ筋力トレーニング(筋トレ)などで、筋肉に負荷を与え続けた場合に、筋肉中の血液やリンパ液が増加することによって膨らむ現象。
ピッチエンドランキャリーで運んでからランも使って寄せるアプローチのこと。
ピッチショットキャリーで運んでランがあまり出ないアプローチのこと。
ヒップターンおしりを左に回す動きのこと。
開く(オープン)(右利きの場合)フェースなら右に向けることを、スタンスなら左に向くことを指す。
ヒンジ手首を横に曲げる動きのこと。 ⇔コック
フィニッシュスイングをし終わった状態のこと。
フェースローテーションスイング中に、シャフトを軸にしてバックスイングで右に、フォローで左にフェースを回すこと。
フェードターゲットラインに対して真っすぐ、或いはターゲットラインに対して左側に打ち出されたボールが、空中で右にカーブし、およそターゲットライン付近に戻ってくるような弾道のこと。
フォロースルークラブフェースにボールが当たる瞬間であるインパクトの後から、フィニッシュまでのこと。腕を最後まで振り切る動作。
吹き上がるバックスピンがかかりすぎ、予想以上にボールが上昇してしまう現象のこと。
フック打ち出したボールが途中で急激に利き手と反対の方向に曲がっていくこと。 ⇔スライス
フックグリップスクエアグリップに比べ、左手甲が少し上を向き、右手をやや下から握るグリップ。上下の線に対して、若干右寄りの状態。
プッシュアウト打球が狙った方向より右に飛び出すこと(右利きの場合)。
フライングエルボーバックスイング時、トップオブスイングの状態で右の脇が大きくあいた状態のこと。
プリショットルーティーンショットに入るまでの一連の動作のこと。
フルショットバックスイングのふり幅をいっぱいまでとって振る振り方。
ヘッドアップスイングの途中で頭が上がってしまうことで、ミスショットしやすい状態のこと。
ヘッドスピードインパクト時の、クラブがボールに当たる瞬間のスイングスピードのこと。
ペンデュラムモーション手の力を使わずに肩や腕でパッティングすること。
ポップストロークボールをはじくようにパッティングすること。
マンぶり力いっぱいスイングすること。
ミート率「ボール初速(打ち出された瞬間のボールスピード)÷ヘッドスピード」で割り出された数字のことで、どれだけフェース面の芯でボールをとらえることができているかが算出できるもの。最大値1.56
ランショットしたボールが地面に着地後、転がって進むこと。
ランニングアプローチランでカップに寄せるアプローチのこと。
ロブショットフェースを大きく開き高い球でランをほとんど出さないショットのこと。
ワッグルアドレスに入った後、ボールを打つ前にクラブヘッドを軽く前後に振るなど、バックスイングに入る前の予備動作のこと。
クラブパスインパクト前後に於けるクラブの軌道のこと。
打ち出し角インパクト後にボールが打ち出される角度のこと。
入射角インパクト時にボールに対してヘッドが入ってきた角度のこと。

コース関係

用語名説明
OKマッチプレーに於いて、次のパットでホールアウトすることが確実である場合に、パットの省略を許可するという宣言のこと。
アウトオブバウンズプレー禁止区域のこと。略してOB(Out of bounds)。白杭や白線で境界線を表示してあり、境界線を越えた場合は1打罰で打ち直しとなる。ティーショットでOBした場合、3打目を打ち直すことになる。
アウトコース18ホールのゴルフ場で、前半の1~9番ホールのこと。 ⇔インコース
青杭修理地の区域を示す杭。青杭若しくは白線で区域が示される。修理地にボールが止まってしまった場合は、そこからそのまま打つか、無罰で救済を受けるか選択することができる。
赤杭レッドペナルティーエリアの区域を示す杭。杭の近くに赤線がある場合は 赤線が、赤線がない場合は 杭と杭を結ぶ仮想の線が境界線となる。 黄色杭のペナルティーエリアとは 救済の選択肢に 違いがある。なお、境界線上のボールは ルール上 ペナルティーエリア内のボールになる。
アゲインスト向かい風のこと。
あごバンカー内の壁のこと。
アンジュレーションコース内にある起伏のこと。
アンプレヤブルプレーが出来ないような状況のこと。どうしても打てない場合や打ちたくないような悪い状況の場合、ペナルティーエリアを除いてアンプレヤブルを宣言することで1打罰で救済処置を受けることが出来る。(JGA規則 19 アンプレヤブルの球 に基づく)
一時的な水(カジュアルウォーター)ペナルティエリア以外のコース上で、普段にはない場所に出来た水たまりのこと。一時的な水は、球のライやスイング・スタンス区域に障害となっている場合は罰なしの救済対象となるが、救済を受けるには地面が”ぬかるんでいる”程度では認められず、スタンスをとる前又はとった後に水が見えていることが条件。(JGA規則 定義(一時的な水) に基づく)
インコース18ホールのゴルフ場で、後半の10~18番ホールのこと。 ⇔アウトコース
受けてるグリーン手前からグリーンを見たとき、グリーンの奥が高くなっていてグリーンの手前が低くなるように傾斜しているグリーン。
打ち上げ打つ方向が高くなっていること。 ⇔打ち下ろし
打ち下ろし打つ方向が低くなっていること。 ⇔打ち上げ
オナー最初にティーショットを打つ権利を持つ人のこと。1番ホール目は組み合わせ表通りか、くじ引きなどで決める。以降、直前のホールを最もよいスコアでホールアウトした人が権利を持つ(打数が同じ人が複数いた場合は、さらに前のホールから判断する)。
オリンピックゴルフのオリンピックとは、ラウンド中に取り入れる簡単なゲームのこと。全員がグリーンに乗ったところから始めるゲームで、4人でゴルフをしている場合はピンから遠い順に4点(金)、3点(銀)、2点(銅)、1点(鉄)と決め、ボールのある場所から1打で決めることができた場合は、その点数をもらえるといったルール。
ガードバンカーグリーン周りのバンカーのこと。
カップ直径4.25インチの穴で、正式名称をホールという。各ホールのフィニッシュ地点となりグリーン上にある。
カラーグリーンの周り、外周のこと。この部分ではグリーンオンとはみなされないため、マークしてボールを拾い上げることはできない。
空振り打とうと思ってスイングしたものがボールに当たらなかった場合、1打としてカウントされる。
黄杭ペナルティーエリアの区域を示す杭。 杭の近くに黄色線がある場合は黄色線が、黄色線がない場合は杭と杭を結ぶ仮想の線が境界線となる。 球が境界線を横切ったポイントから 2 クラブレングス内の救済は 黄杭では認められない。
キックボールが跳ねること。
逆目打つ方向に対して芝の生えている方向が逆のこと。グリーンで逆目の場合、球の転がりが遅くなるので大きめに読まないと距離が合わなくなる。また、ラフではクラブに芝が絡むためクラブが振り抜きにくくなる。逆目は濃く暗く見える。
キャディゴルフ場でゴルフバックを運ぶなど、プレイヤーの補助をする人のこと。
切れるグリーン上でボールが曲がること。
グラスバンカー砂ではなく草で覆われた穴のこと。特殊な場所(ペナルティエリア等)ではないため、ソールをしてもペナルティはつかない。
クラブハウスプレーヤーの為の施設。ロッカー、レストラン、ショップなどがある。
クリーク小川のこと。
グリーン芝が短く刈られているパッティングをするためのエリア。グリーンに乗ったボールは、マークしてから拾い上げることができる。
グリーンエッジグリーンの周り、外周のこと。この部分ではグリーンオンとはみなされないため、マークしてボールを拾い上げることはできない。
グリーンスピードfeet(フィート)という単位で表されるグリーンの速さのこと。
グロスハンディキャップを引く前の純粋なスコア。ハンデを引いた後のスコアはネットと呼ぶ。主にコンペにおいて使用される言葉で、成績表にはたいていグロスとハンディとネットが書かれている。 ⇒ネット
高麗グリーン日本特有の高麗芝で作ったグリーン。高麗芝は葉が硬く、球が芝目の影響を受けやすくなる。グリーンだけでなくフェアウェイが高麗芝のゴルフ場も多くあり、シーズン中は球が浮いたようになり打ちやすくなるのが特徴。
コンペ競技会のこと。コンペティションの略。
サブグリーングリーンが2つある場合の使用していないグリーンのこと。
暫定球ボールがOBやロストボール(紛失球)の可能性がある場合に打つ球のことで、OBかロストボールの可能性がある場合に限りプレイヤーは暫定球を打つことを宣言したうえで暫定球を打つことができる。
ジェネラルエリアティからグリーンまでの間の、ティーイングエリア、ペナルティーエリア、バンカー、パッティンググリーンの4つのエリア以外のすべての場所。
芝目芝の寝ている方向
修理地コース内で修理中の場所やダメージを受けてプレーをするのに適さないと判断されている箇所で、コース側や競技委員会が修理地として示してある場所。多くの場合、白線で囲み青い杭を立てて境界を表示している。この区域内に球がある時は罰無しで救済を受けることが出来る。
順目打つ方向と同じ方向に芝目が傾いていることで、球が転がりやすくなる。順目は薄く白く見える。
ショートゲームグリーン周りのアプローチやパッティングの総称。
ショートホールコースにおけるPar3のこと。
白杭アウトオブバウンズ(OB)の区域を示す杭。OBはコースの境界の外側又は競技委員会やゴルフ場管理者などによってOBと標示されたすべての区域であり、白杭又は白線によって境界が示される。杭の近くに白線がある場合は白線が、白線がない場合は杭と杭を結ぶ仮想の線が境界線となるが、正確にはその杭や線の内側の地表レベルの線と定められている。OBの線上にあるボールは、その一部が少しでも境界線の内側にあればインプレーのボールとなる。(JGA規則 定義(アウトオブバウンズ) に基づく)
スクラッチゴルフではスタートラインという意味の言葉。ハンディキャップなしでグロスで競い合うことをスクラッチ競技と呼び、ハンディキャップが0のゴルファーをスクラッチゴルファーと呼ぶ。
スコアいくつのストロークでホールアウトしたかという結果。
スコアカードスコアを記入するための用紙。
スタートホールラウンドする時に一番初めにプレイするホールのこと。
スタイミー球とホールとの間(プレー線上)に木などの障害物があり邪魔になっていること。
ストローク球を打つ意志を持ってクラブを振る動作のこと。
スパイクゴルフで使用するシューズのこと。
スパット目印のこと。
セルフプレイキャディの帯同なしでホールを周回すること。
ターフショットで削り取った芝生のこと。
タッチアプローチやパターにおける距離感のこと。
チップイングリーンの外から打ったボールがそのままカップに入ること。
茶屋ゴルフコースのところどころに設置されている茶店のこと。
つま先上がり足の位置より球の位置が高い状態。つま先上がりからの打球はフックしやすい。
つま先下がり足の位置より球の位置が低い状態。つま先下がりからの打球はスライスしやすい。
ティーボールを乗せる杭のようなもの。
ティーアップホールの1打目、ティーショットを打つためにボールをティーに乗せること。
ティーイングエリア各ホールのティショットを打つ場所のこと。
ティーオフスタートホールの第1打を打ってラウンドを開始すること。
ティーショット各ホールの第1打目のこと。
ティーマーカーティーショットを打つ場所を示す、色の付いた2つの目印。一般的にゴルフボールの形をしたものが多い。
ディボットショット時に削られた芝のこと。
でべそティーアップしたボールがティーマーカーより前にあること。そのホールの1打目を「でべそ」の状態のまま打つと2打罰で正しいティーイングエリアから打ち直さなければならない。
特設ティー第1打がOBや池に落ちた場合に、やや前進して打つ場所。プレーイング4(前進4打)
ドッグレッグフェアウェイが犬の足のように左右に曲がっているコースのこと。
ドラコンドライビングコンテストの略称で、誰が一番遠くに飛ばしたかを競うもの。
ドレスコードゴルフ場での服装の決まりのこと。
ドロップペナルティーエリア、修理地にボールが入った、またはアンプレヤブルになった場合、ルールに従ってボールを拾い上げ、真っ直ぐ立ったときのプレイヤーのヒザの高さからボールを真下に落とす動作のこと。
なめるボールがカップのふちでくるっと回って入らないこと。
ニアピンピンに一番近く止まった球のこと。
ニアレストポイント障害物や修理地、カジュアル・ウォーターなどにあるボールを救済する際に、ボールを拾い上げドロップやプレースを行う、その許容範囲を決める基点となる場所のこと。
2度打ちスイング中に打った球がもう一度クラブに当たってしまうこと(罰はない)。
ネットグロスからハンディキャップを引いた数字。持ちハンディや新ペリアなどで競うコンペではネットで順位を決める。
ノータッチボールに触らずあるがままの状態でプレーすること。
パー(PAR)ホールの規定打数のこと。
バーディー基準打数であるパーより、1打少ない打数でホールアウトすること。
ハーフハーフラウンドの略。つまり18ホールの半分の9ホール(OUTまたはIN)のこと。
ハザードコース上に設置されているバンカー、ウォーターハザード、ラテラルウォーターハザードなどの危険区域のこと。
バックティー最もグリーンから遠い位置にあるティーグランドで、クラブ競技などで使われる。多くは青で表示。上級プレーヤー用のティーグランド。
パッティングラインパッティングの際にボールが転がるラインのこと。
バンカーコース内に障害物として設置された砂地のくぼみ。
ハンデ正しくはハンディキャップ(HDCP)。技量の異なるプレイヤーが公平なプレーを行い、ゴルフが本来持っている「楽しみながらプレーをする」という観点から、プレイヤーの技量に関わらずハンディキャップを提供し、プレイヤーのスコアの変動に応じてハンディキャップを調整する仕組み。
ビジター会員制ゴルフコースの会員以外のこと。
左足上がり(アップヒル)構えた時に左足が高くなるようなライ。このような傾斜の場合、傾斜なりにスイングするとボールは上がりやすくなるが、その分距離も落ちる。また左足上がりのライでは一般的にフックが出やすい。
左足下がり(ダウンヒル)構えた時に左足が低くなるようなライ。かなり難しい部類のライで、左足下がりのライでは普通より球は上がりにくくなり、無理に球を上げようとするとダフリなどのミスが生じやすい。
ピンゴルフホールのグリーン上に存在するカップに差し込まれているピンフラッグのこと。
ピンハイショットの距離感がぴったり合っていて、ピンの真横につけること。方向が多少ずれていても距離が合っている時に使う。
ピンポジショングリーン上のカップが切ってある場所。
ブービービリから2番目の人。本来は競技に於いてビリになった人のことを指す。
ブービーメーカービリの人。
フェアウェイティーグランドからグリーンの間の芝が短く切り込んである箇所のこと。
フォア隣のコースに飛んで行った場合や、他プレーヤーに当たりそうな時に叫ぶ言葉。
フォロー追い風のこと。
フライヤーラフから打つ時などに、芝がクラブとボールの間に挟まってバックスピン量が減り、通常のショットより距離が出てしまうこと。
ブラインドホールティーイングエリアからグリーンが見渡せないホールのこと。
プレイファストプレーを出来る限り早く行う、ゴルフのマナーの一つ。
プレース球を置くこと。リプレースは元あった場所に置くのに対し、プレースはルールに従って決められた別の場所に置く時に使う言葉。グリーン上にある球について救済を受ける際は常にドロップではなくプレースすることになる。
ベアグラウンド芝が剥げていて、下の土が見えるような状態のライのこと。
ペナルティルール違反をしたときに加えられる打罰のこと。
ペナルティーエリアコース内のすべての水域のことを指す(海、川、池、溝、排水路などで、水の有無は関係ない)。
ベントグリーン洋芝の一種。ベント芝のグリーンは冬も緑色を保っているのが特徴で、高麗芝ほど芝目がきつくない。ベント芝は暑さに弱くその管理が難しいとされている。
砲台グリーン砲台のように、フェアウェイより一段高い形状になったグリーン。
ホームコース自分の所属するコースのこと。
ホームラングリーンを大きくオーバーするミスショット。
ホールコース内のティーイングエリアからカップまでのプレーする区域。又はグリーン上のボールを入れる穴。コースは基本的には18ホールある。
ホールアウトグリーンに設置されたカップにボールが入りプレーが終了すること
ホールインワンティー ショット即ちそのホールの第 1打目が直接カップインすること。エース (ace) とも言う。
ボールマークグリーンにボールが落下したときにできる、窪みなどのグリーンの損傷。
ボギー基準打数であるパーより、1打多い打数でホールアウトすること。
マウンドコース上にあるコブのようなもの。
ミドルホールコースにおけるPar4のこと。
目玉バンカーに入った球が砂の中に埋まってしまっている状態。バックスピン量が多く、落下する際の軌道が垂直に近いほど目玉になりやすい。
目土ディボットに砂と土を混ぜたものを入れること。
メンバー会員制ゴルフコースの会員のこと。
ヤード距離の単位で、1ヤードは0.9144メートル。
ヤード杭コース内にあるグリーン(或いはグリーンエッジ)までの距離を示す杭。
寄せワングリーン周りからアプローチで寄せて1パットでカップインすること。
ライボールのある場所の状態。その周辺の芝や砂の状況。
ラインショットやパットの時のボールが進むルートのこと。
ラウンド18ホール全てを周ること。
ラフフェアウェイやグリーン周りの芝が長く伸びた部分のこと。
リカバリーショットミスした後に、そのミスを補うためのショットのこと。林の間から抜け出すようなショットや崖下から上に戻すようなショットが該当する。
リプレース拾い上げたボールや動いたボールを、元の場所に置き戻すこと。
ルースインペディメント自然物で固定されていないもの。枝、石、葉、虫、砂、土、動物の糞等。インプレーの球を動かすことがなければ、コース上やコース外のどこででもプレーヤーは罰なしにルースインペディメントを取り除くことができ、その方法は問わない(例えば、手、足、クラブ、その他の用具を使用する)。(JGA規則 15.1 ルースインペディメント に基づく)
レイアップグリーンまで距離がある場合、安定した場所に刻むこと。
レギュラーティー一般プレーヤー用のティーグランドのこと。多くは白で表示される。
レディースティー女性用につくられたティーグラウンドのこと。多くは赤で表示される。
ローカルルール地域的な異常な状態に対処するための、各競技毎、または各ゴルフ場毎で定められたルール。
ロストボールボールをなくしてしまうこと。見失ってから3分以内に見つけることができなかったボール。日本語で紛失球ということもある。
ロングホールコースにおけるPar5のこと。

Bioswing Dynamics

用語名説明
アタックアングルスイング時のクラブフェース部分とボールが衝突する角度のこと。
アンダーグリップ右手のグリップを真下から握る握り方のこと。
ヴァーティカルフォース地面に対して垂直方向にかかっている力。左右の足、両足のトータル。
ウイングスパン両腕を横に広げた時の右手の中指から左手の中指までの長さ。
オントップ右手のグリップを真上から握る握り方のこと。
カバーグリップ右手のグリップを真上から握る握り方のこと。
グライド横の動きの力のこと。
グラウンドリアクションフォース地面反力のこと。
クラブパススイング軌道のうち、特にインパクトエリアをクラブが通過する際の方向(水平面上の方向)のこと。
サイドアンダーグリップ右手のグリップを右斜め下(時計でいう4時と5時の間)から握る握り方のこと。
サイドオングリップ右手のグリップを横から握る握り方のこと。
サイドカバーグリップ右手のグリップを右斜め上(時計でいう1時と2時の間)から握る握り方のこと。
ショットシェープショットした時の球筋(弾道)のこと。
スイングディレクションクラブスイングの描く弧が作る面とターゲットラインの間の角度。
スティンガーショット地を這うように低く打ち出したショットのこと。
スピン回転の動きの力のこと。
センターオブプレッシャー左右の足、両足のプレッシャーの中心位置。
センターポストバックスイング・ダウンスイング共に足の間、身体の中心を軸として回転する事。
ダイナミックロフト実際に打った時のインパクト瞬間のフェースの傾斜角で、シャフトのしなり方やスイング軌道により変化する。
ダブルピークピークフォースがスイング中に2回発生する事。
トルクフォース回転する方向に対してかかっている力のこと。
ナチュラルスイング前腕の回転が少ない打ち方のこと。
バイオスイングダイナミクス理論マイク・アダムス氏とそのチームが考案したスイング理論。
ハイドロー右方向へ高く打ち出された球が、左へ緩く曲がりながらターゲットライン付近に戻ってくる弾道のこと。
ハイフェード左方向へ高く打ち出された球が、右へ緩く曲がりながらターゲットライン付近に戻ってくる弾道のこと。
バブルバックスイング時のプレッシャー推移をグラフ化した時の形状の総称。
パワーソース動力源のこと。
ピークフォース(ハイピーク)スイング中のプレッシャーの最高値。
ヒップスピードテスト腰がどれだけ速く回転するかのテストのこと。
ヒップローテーション腰の回転する動き方のこと。
ヒンジ手首を横に曲げる動きのこと。 ⇔コック
フェーストゥーパスインパクト時のクラブの開閉度合いを示す数値のこと。
フォース力のこと。
フォースプレート両足の圧力の中心点、バーティカルフォース、スタンス幅、両足の圧力の中心を結んだ線、両足の圧力の中心のトレースなどが測れる用具。
フットフレアつま先の開き具合のこと。
プレッシャートレーススイング中のセンターオブプレッシャーの動きのこと。
フロントポストバックスイング・ダウンスイング共に左足を軸として回転する事。
ボールポジションアドレスした時のボールの位置のこと。
ポストスイングする時の身体の軸のこと。
ホリゾンタルフォース水平方向に移動する際にかかっている力。
ラインオブプレッシャー左足のセンターオブプレッシャーと右足のセンターオブプレッシャーを結んだ線のこと。
ラテラルプレッシャーシフト左右の足が地面に対してかけているプレッシャーの変化。
ランチ上下の動きの力のこと。
リアポストバックスイングは右足、ダウンスイングは左足を軸として回転する事。
ロードロー右方向へ低く打ち出された球が、左へ曲がりながらターゲットライン付近に戻ってくる弾道のこと。
ローフェード左方向へ低く打ち出された球が、右へ曲がりながらターゲットライン付近に戻ってくる弾道のこと。